読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jQueryの「getJSON」と「$(window).load()」

6月23日をもって、FacebookページがRSSを提供しなくなったため、どうしても、RSSを取得したい場合は、「Access Token」を使用して、RSSを取得せざるを得なくなりました。


そこで、Facebookページから取得したRSS(JSON形式)を、jQueryでごちょごちょしていた際に、少しはまったので、今後もうっかりはまりそうな気がするので、ブログにメモを残しておきます。


Google Chromeでは、ページの読み込みが完了しないと、IMGタグの「height」「width」が取得できない仕様のため、getJSON内に、「$(window).load()」を入れることで、読み込み完了後に処理させようと考え、以下のように記述しました。

続きを読む

FacebookページのRSSの取得について

6月28日に、月曜日からの仕事の準備のため、子供たちが寝静まった後に少し作業(個人事業者は辛い…)をしていたところ、Facebook ページのRSSが取得されていないことに気が付きました。


Facebookが、6月23日をもって「LikeBox」を廃止し「Page Plugin」に変更することは把握していましたが、Facebook Platform Changelogを確認したところ、Page RSS Feed endpointが廃止になっていることを、23日から5日も経過した28日に知りました。


いくつのクライアントさんではFacekbookページを運営し、Facebookページの更新内容を、WEBサイト上に「お知らせ」として表示していたため、RSS/Atom(以下、RSS)が取得されないと、ブログシステムへの移行などを検討せねばならず、すこしばかり困った状況でした。

続きを読む

自分と子供たちと。

instagram.com


2009年に長男が生まれ、長男が生まれた1ヶ月後に会社を退職し、転職、個人事業者になるための準備を始めました。そして、2010年に在宅の個人事業者となり、2011年に次男が生まれました。24時間、365日、子供たちと一緒に過ごしてきました。


在宅の個人事業者ゆえ、ミルクを飲ませ、離乳食を食べさせ、道に飛び出した子供を走って捕まえに行き、散歩中に寝てしまい抱えて歩き、仕事を邪魔され、イライラしつつも、子供たちの相手に一喜一憂しながら、会社で働かれている世間のお父様方よりは子供たちに触れて過ごしてきました。

続きを読む

ワイルドバンチフェスに来られる方へ

www.instagram.com


今年も山口県山口市阿知須にある山口きらら博記念公園で、ワイルドバンチフェス(Wild Bunch Fest.)の開催が予定されています。


阿知須は、山口県山口市の西の端に位置し、新山口駅から車で約25分、宇部空港から車で約25分の場所にあり、ワイルドバンチフェスの開催中はシャトルバス、臨時列車の運行が予想されますが、通常は、阿知須駅(宇部線)は1時間に1本程度で、決して公共機関が充実しているとは言えません。

続きを読む

なんてことない1日

instagram.com


画像は全く関係がありません。
長年、WEBサイト制作従事者を苦しめてきた某社の某ブラウザの化石みたいだったので、つい撮ったものです。


ウェブログや、Twitterでしつこく言っていますが、僕は在宅の個人事業者です。
1日の大半を、1ヶ月の大半を、1年の大半を家の中で過ごします。従業員はいません。


いるとすれば、仕事の邪魔をする子供たちとPCが全く分からない妻ぐらいです。

続きを読む

テレビで遊ぶ

instagram.com


仕事柄、家に複数台のスマートフォン端末、タブレット端末があります。
その結果、子供たちに2歳ぐらいからデジタルデバイスに触れる環境を与えてしまうことになりました。


当初は「字は読めないから大丈夫だろう」と子供たちの好きなように触らせていました。


しかし、YouTubeを見ている様子を眺めていたら、教えてもいないのに広告をスキップする方法を身に着け、関連動画をどんどんクリックし、気が付くと、日本語でも英語でもない動画を見ていることに気が付きました。

続きを読む

田舎で仕事と子育て。

僕は本州の西寄りの端っこでWEBサイトの制作を生業にしている在宅の個人事業者です。


都市高速の真横にあるマンションで都会暮らしを満喫していましたが、長男の誕生をきっかけに「少しでも空気の良いところで育てよう!」と決意し、今後の事は「何とかなる!」とほぼ無計画のまま、2009年の秋に妻の実家がある山口県への引っ越ししました。


田舎での暮らしは自分は思い描いていたものとは大きく異なりました。
道を歩いていても近所の方はさほど、話しかけては来ないし、作りすぎたおかずはもちろん今朝取れた野菜をくれることはありませんでした。

続きを読む